男性のAGA対策は食生活を見直せば対策できる?

男性のAGA対策は食生活を見直せば対策できる?

AGAは脱毛酵素によって引き起こされる薄毛ですが、食生活の見直しによって進行を遅らせることは可能です。

髪は食べ物から作られているのは間違いないので、発毛対策としてバランスのよい食生活が基本になってきます。肉食中心の方は必然的に脂肪の摂取が増えてしまうので、それ以外の食品を多めに食べるようにしてください。

青魚や大豆・野菜などは発毛によい食品なので、積極的に食べるようにしましょう。栄養が髪を作っていることを常に意識しておけば、バランスに気を配るようになるでしょう。

海藻類は髪によいと言われますが、それよりも牡蠣のほうが推奨されています。牡蠣には豊富な亜鉛が含まれており、たんぱく質の正常な分解をサポートしてくれるのです。

辛い物を食べるとAGA対策できるって本当?

辛い物を食べるとAGA対策できるって本当?

昔から辛い物はAGA対策によいと言われていますが、辛い食べ物なら何でもいいわけではありません。カプサイシンを含有する食品が役立つため、唐辛子を使用した料理を食べてください。

カプサイシンは毛母細胞を刺激することで、発毛を促してくれる役割があります。特に豆乳との相性が抜群なので、豆乳チゲなどがよいでしょう。

ただし、辛い物は食べすぎると胃腸を刺激してしまうので、適量に抑えておくことが大切です。あまり辛すぎると胃壁を傷めることがあるので、ここはうまく調整していきましょう。

無理をして食べる必要はなく、食べられる辛さに調整して問題ありません。食べることは楽しみであり、苦痛を感じるようなAGA対策では成功しないからです。

男性のAGAは治療薬で対策できる?

男性のAGAは治療薬で対策できる?

もしAGAが発症してしまった時には、専用の治療薬を利用して対策することができます。治療薬には内服タイプと外用タイプがありますが、双方をセットで用いるのが最も効果的とされています。

ただ、程度によってはいずれかの利用で対策ができる場合もあります。比較的軽度の症状ならば内服薬で脱毛の原因を抑えたり、外用薬で発毛を促進することで、回復あるいは現状維持ができることもあるのです。

しかしながら男性のAGAは強力なことが多いです。進行性ですので次第に状況が悪化する可能性も高いと言えます。

そのため万全な対策をするためにも、基本的には二つの治療薬をセットで使って対抗していくのが望ましく、それによって劇的な回復にも期待が持てるようになります。