女性のFAGAはシャンプーで対策出来る?

女性のFAGAはシャンプーで対策出来る?

男性型脱毛症のことをAGAと表現しますが、女性も薄毛に悩んでいる人は多く、女性の脱毛症はFAGAと表現されています。

女性は男性のように薄毛の症状が進むことは少ないですが、放置しているとさらに悪化する、回復に時間がかかる場合もありますので、早めに対策しておくことが大切です。

最近は女性用の育毛シャンプーも色々な種類が販売されており、利用者も増えています。

合わないシャンプーを使い続けることも髪や頭皮には良くありませんので、育毛対策には見直しは取り入れていきたいところです。

とはいえ、シャンプーは髪を生やすものではありませんので、本気で悩みを解消したいのであれば、やはり医療機関での治療も取り入れてみたいところです。

女性のFAGAは禁煙禁酒で対策できる?

女性のFAGAは禁煙禁酒で対策できる?

女性のFAGAは女性男性型脱毛症のことで、禁煙禁酒で対策が可能です。女性のFAGAは、女性ホルモンのエストロゲンの量が減ることで男性ホルモンが過多になって薄毛や抜け毛につながることです。

男性はAGAを放置すると薄毛が進行してハゲることがありますが、女性のFAGAの場合は男性のようにハゲるというよりも髪の毛が細く弱くなり、頭髪が全体的に薄くなるという特徴があります。

女性のFAGAが進行するのは生活習慣が原因になっていることが考えられます。紫外線を多く浴びたり、睡眠不足、喫煙はニコチンが血管を収縮させて毛根への血液量を減少させて頭皮へ栄養が行き渡らなくなり、過度の飲酒は肝臓に負担がかかり髪の毛に必要なタンパク質が作られなくなりFAGAを進行させることにつながります。

紫外線を浴び過ぎないように対処したり、禁煙禁酒を心がけることは進行をおさえることが期待できます。

豆類を食べるとFAGA対策できるって本当?

豆類を食べるとFAGA対策できるって本当?

FAGAは女性特有の薄毛、脱毛の症状のことです。原因は様々あり、たとえば女性の頭皮は男性のそれよりもデリケートであるため、乾燥などが出やすくそれによって発毛、育毛が滞りやすくなると言うことが挙げられます。

また特に年齢を重ねた女性や、妊娠や出産にある女性の場合には、女性ホルモンの分泌量の減少やバランスの乱れも原因のひとつになり得ます。

女性ホルモンには頭皮の潤いを保つ作用や、発毛、育毛に対しての作用、更に髪の毛を強くする作用を持ったものもあります。そのため、その分泌量が減少したり、バランスが乱れるとFAGAが発生しやすくなると言うことです。

豆類を食べるとFAGA対策になり得ると言われているのは、豆類に含まれている成分のひとつ、イソフラボンは女性ホルモンの疑似作用を果たすことが明らかにされているためです。