女性が薄毛になる理由はストレスが多い?

女性が薄毛になる理由はストレスが多い?

女性は男性よりもストレスに強いと言われますが、ストレスを溜め込みやすいのも事実です。そのため男性よりストレス性の薄毛が多く、血行障害によって毛母細胞に栄養が届きにくくなり、薄毛になることが少なくありません。

女性の薄毛対策としてはストレス解消が鍵となってくるので、夜ふかしはしないようにしましょう。夜ふかしをすると心身のバランスが崩れてしまうので、就寝は早めを意識してください。

22時までに眠るように意識すると、睡眠障害になりにくいです。睡眠はよい髪を作るための基本ですから、常に質の良い睡眠を意識してください。

1日の睡眠時間は8時間以上が好ましく、これを守っていれば薄毛になりにくいです。頭皮のためにも肌のためにも、早寝早起きを意識してください。

女性が薄毛になる理由は病気の場合がある?

女性が薄毛になる理由は病気の場合がある?

女性の薄毛原因で知られているのが、生活習慣の乱れやストレス、そして間違ったヘアケアやFAGAです。

これらの原因は病気が関わっているわけではないけれども、その他に病気が関係している原因もあるので注意が必要です。

女性にある卵巣が何かしらの病気になると、女性ホルモン分泌が滞るようになります。性ホルモンが減少することにより、髪の毛が痩せてしまい抜けやすくなるため、薄毛になることもあります。

卵巣の病気は命に関わってくることもありますので、抜け毛しているだけだからと考えるのではなく、一度婦人科に行き検査してもらうようにしましょう。

また薄毛に対しての治療も可能になりますので、専門のクリニックで相談することもおすすめです。

女性が薄毛になる理由は加齢による影響?

女性が薄毛になる理由は加齢による影響?

女性が薄毛になってしまう理由ですが、第一の原因は加齢です。年齢を重ねますと、体のあちこちが老化します。老化現象自体は誰にも食い止められません。30代から老化のスピードは増します。

特にキャリアウーマンとして毎日激しい業務に忙殺されている方は、加齢の影響が増しやすく、ストレスと老化のダブルパンチで薄毛になりやすいです。最近では若くして管理職を任される女性も増えてきました。

有能で責任感が強いキャリアウーマンの方々程、ストレスを感じやすく、また薄毛のリスクが潜在的に高いと言えます。

生活習慣なども影響は大きいですが、基本的には加齢の影響が大多数であり、また30代を迎えますと、いわゆる女性ホルモンのバランスが減り、男性ホルモンが増え、それが薄毛のリスクを増加させます。